住宅設計を建築家に依頼するときに気をつけること

住宅設計を建築家に依頼するときに気をつけること

室内

コストと期間に注意

建築家に住宅設計を依頼するときは、コストと期間に注意するようにしましょう。建築家への設計依頼は、全てが一からのスタートになるので、コストも期間も予想以上に高くつくことがあります。

模型

アフターサービスを確かめる

アフターサービスについてもしっかり調べておくことが大切です。建築家がどこの工務店に依頼するのかをしっかりと把握して、その工務店の保証やアフターサービスを確かめておきましょう。住み始めてからトラブルが出てきたときもアフターサービスが充実している工務店ならば安心です。

女の人

手続き面に注意

ハウスメーカーとは違い、建築家へ設計依頼をすると、保険関係やオプション工事などの手続きを個人的に行う必要があります。他の注文住宅会社に比べて手続きが多く複雑になることがあるので、その点は事前に理解しておきましょう。

住宅模型

建築家は慎重に選ぶ

東京には数多くの建築家がいます。建築家によってかかる費用も期間もバラバラです。依頼主との相性もあるでしょう。事務所に足を運んでみたり、書籍やインターネットで調べてみたりと、様々な手段を駆使して信頼できる建築家を選ぶようにしましょう。

ハウスメーカーと設計事務所の比較

ハウスメーカー

ハウスメーカーで注文住宅を建てるときは、デザインや間取りを組み合わせによって決めることができます。品質が安定していてアフターサービスも充実していることが特徴です。

設計事務所

設計事務所で注文住宅を建てるときは、建築家やデザイナーに設計を依頼することができます。デザインの自由度が高く、クオリティの高い物件を建てられる点が魅力です。

広告募集中